インカムをレンタルして仕事の効率をあげよう

OA機器を安価に導入

コピー機

スモールスタートに最適

どれだけ小規模であってもオフィスに最低限揃えておきたいOA機器としては、パソコンやプリンタなどとともにコピー機も挙げられます。最近ではプリンタとスキャナ・FAXの機能が一体となった複合機も普及していますが、複写機能の使用が多く想定されるケースでは専用のコピー機があると便利です。特に開業直後で資金に余裕がない場合は、購入に高額な費用が必要となるコピー機をどのようにして導入するかが問題となります。最も一般的な導入方法はリース契約ですが、開業直後の場合はリースの審査が通らないという例も少なくありません。OA機器の導入方法としてはリースの他にレンタルと買取購入も挙げられ、このうちレンタルは短期間の利用を想定した方法です。長期的に使用していくことを考える場合は料金が割高となりますので、新品より安い中古品を購入した方が得になります。中古OA機器を取り扱う販売業者では、中古のコピー機でも事前にしっかりと分解クリーニングとメンテナンスを実施した上で商品を販売しています。パーツを新品と交換している業者なら新品同様の安定動作を安価な購入費用で利用できるため、開業直後のスモールスタートには最適なのです。

保守メンテナンスも充実

一方でコピー機もパソコンやプリンタと同様に経年劣化に伴う故障が予想されるため、保守メンテナンスが重要になってきます。新品をリースで導入する場合はカウンター契約とキット契約という2通りの契約方法があり、カウンター契約ではトナーなどの消耗品も保守料金に含まれます。中古OA機器販売業者からコピー機を購入した場合でも、同じようなカウンター保守契約を交わすことが可能です。業者によってもサービスに違いはありますが、故障時に出張修理を行っている業者も少なくありません。この場合は月額料金の範囲内でトナーの補充から出張修理に至るまで無料で対応してもらえるため、中古コピー機でも安心して利用できるのです。月額料金を少しでも安く抑えたいという場合には、不具合が発生したときに別途料金で修理してもらうスポット契約を結ぶことも可能です。コピー機の機能も進化しており、見開き原稿の分割コピーや複数ページを用紙1枚に均等割付してコピーする機能などが次々と登場してきました。そうした便利な機能を持つ製品も中古市場に出回り始めており、開業直後でリース審査がなかなか通りにくいような企業でも比較的安価に購入できます。